本文へジャンプ
ライフアートユニオン LIFE ART UNION

「人生は芸術だ。」より豊かなライフアート(生涯芸術)のために独創的・創造的文化活動を行うことを目的とする組合。2001年神奈川芸術文化財団主催のかながわ舞台芸術工房ASKを母体とし創立。2009年横浜開港150周年事業として横浜赤レンガ倉庫にて市民オペラ「1万年の樹」を企画、演出。他、イベント、ワークショップ、公演等、多岐に渡り横浜市を中心に活動を続ける。2014年より名称を「ライフアートユニオン」とする。現在は長者スタジオの運営、横浜演劇学校の創立、はまの寺子屋(ワークショップ)事業、はまとら祭の企画運営を行っている。


長者スタジオ

CHOJA STUDIO は6メートル× 7メートル、約42uの面積。40人まで収容可能です。24 時間音出し可。

音楽の練習やライブ、ダンスや演劇などの稽古や本番にも適しています。また、写真や動画の撮影にも適しています。長期利用や定期利用も歓迎。

使用料金も格安ですので、じっくりものづくりに専念するもよし、急な場所探しでお困りの時も安心なスタジオです。お気軽にご利用ください。

横浜演劇学校

横浜は西洋の文化と東洋の文化が交わりあう都市。
そこから様々な文化を世界に向けて発信してきた街でもあります。そんな横浜で西洋の演劇と日本の演劇、両者の力を兼ね備えた実践力のある演劇人を育成するために、一流の講師陣を揃えて充実した演劇の授業をお届けします。

日本の演劇の原点である「能楽」を研究し、650年前から存在する世阿弥の能芸論と西洋の演劇メソッドをハイブリッドした独自の演劇教育により世界に通用する充実した演技技術を学ぶことができます。

はまの寺子屋

ライフアートユニオンでは横浜市内で活躍するアーティストの方にお願いして
市民とアートを結ぶ機会を演出しています。
料理教室や焼き物、書道、小鼓、三味線、狂言、能楽など様々なジャンルの芸術活動を活性化させています。


はまとら祭

新作能「道成寺」、創作能「百済観音」、日仏音楽劇「我輩は猫であるかもしれない」等、
日本の古典芸能とアジアやヨーロッパの芸能が融合したフェスティバル。